• 2018年5月4日 展覧会場・図書館 臨時閉鎖のお知らせ
    運営上の都合により、5月4日(金)は展覧会場と図書館は閉鎖いたします。 日本語講座の授業と日本庭園公開は通常通り行いますので、日本語講座受講生、庭園見学の予約をされている方は、予定通りお越しください。
  • イベント
    トレント映画祭が街にやってきた Destinazione….. GIAPPONE 2018年5月10日-6月16日
    協力: トレント映画祭 (2018年4月26日~5月26日) 山岳・探検をテーマにした世界各国の映像作品を上映するトレント映画祭。今年は日本が招待国に選ばれました。ローマ日本文化会館では、その中から8本のドキュメンタリー作品を上映します。日本文化における自然の役割に目を向け(『うみやまあひだ』『Milieu』)、東日本大震災から数年後の福島そして陸前高田の今を目撃し(『Furusato』『息の跡』)、日本の食文化にクローズアップし(『ラーメンヘッズ』『The Birth of Sake』)、豪雪地帯、山間の小さなまちの人々の暮らしを追う(『風の波紋』『ちいさなあかり』)、バラエティに富んだラインナップです。全ての作品がイタリア語字幕付きです。入場無料、予約不要です。6月9日(土)は、『Milieu』のDamien Faure監督が登壇予定です。 5月10日(木)19:00 / 6月12日(火)17:00 『ちいさなあかり』(2013年/大野隆介) https://www.youtube.com/watch?time_continue=2&v=54AS4D9ds5w?rel=0 5月11日(金)17:00 『風の波紋』(2015年/小林茂) https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=FgTZDXKShBU?rel=0...
  • イベント
    筑後の伝統工芸展 – 八女手漉き和紙と久留米絣 2018年5月15日(火)18:00
    筑後は、九州の福岡県南部に位置する、伝統工芸の集積地として知られた地域です。 八女手漉き和紙の気鋭の職人溝田俊和氏と、久留米絣染織の第一人者松枝哲哉氏(重要無形文化財久留米絣技術保持者会会長)・小夜子氏のご参加を得て、実際の物づくりに即したデモンストレーションと解説を行います。八女伝統工芸館提供の英語パネルも展示いたしますので、どうぞお楽しみ下さい。この事業を主催するのは、ローマ日本文化会館と、久留米大学比較文化研究所文化財保存科学研究部会です。 プログラム DVD 上映 久留米絣の展示と解説    松枝哲哉・松枝小夜子 八女手漉き和紙職人の実演  溝田俊和・(解説)秋山信茂 ©久留米大学
  • イベント
    日本文学に関する講演会 古川日出男 BACK&FORTH むかしとミライ 2018年4月6日(金)18:30~
    20年にわたって現代日本文学を牽引してきた気鋭の作家・古川日出男氏。この度、国際交流基金の翻訳出版助成の対象となった「サウンドトラック」(2013年出版)のイタリア語版が、『Tokyo Soundtrack』としてSellerio出版より刊行されました。今作のほか、「ベルカ、吠えないのか?」(2005年。イタリア語版 『Belka』2013年、Sellerio出版 )の翻訳も手がけたジャン・ルーカ・コーチ氏(トリノ大学准教授)を対談相手として、「BACK&FORTH  むかしとミライ」について、古川日出男がローマで大いに語ります。 また当日は、17:00より18:30まで当館図書館において関連図書の展示をいたします。 共催:Incroci di Civiltà (ヴェネツィア カ・フォスカリ大学)、Sellerio出版 photocredit: ©Eisuke Asaoka
  • イベント
    第57回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展
      第57回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展 2017年5月13日(土)~11月26日(日) 会場:ヴェネチア ジャルディーニ地区・日本館 国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、「ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展」の国別参加部門に毎回参加し、日本館展示を主催しています。今年の日本館では、日本代表作家に岩崎貴宏氏が決定し、鷲田めるろ氏(金沢21世紀美術館キュレーター)のキュレーションのもとで、「Turned Upside Down, It's a Forest / 逆さにすれば、森」展を開催します。 Out of Disorder...
  • イベント
    明治神宮 雅楽と武道の夕べ 2017年2月2日
    2月2日(木)20:00 開演 イタリア、ベルギー、ポーランドにおいて、このたび明治神宮による雅楽と武道の公演が開催されます。昨年4月に予定され、延期となった当公演ですが、このたび2017年2月2日にローマ公演が決定いたしました。 日本古来の音楽と後にアジアの各地からもたらされた音楽が融合してできた伝統的な宮廷音楽である雅楽は、1500年以上にわたり、その形を変えずに受け継がれてきました。宮中で守られ、現代まで伝えられてきた雅楽は、主たる神社や寺院の宗教儀式の際に奏でられてきました。演目は、平調音取・越殿楽(笙・篳篥・龍笛・鞨鼓・太鼓・鉦鼓)、代々木の舞(巫女による神楽舞)、蘭陵王(神職による舞楽)です。 武道演武では、明治神宮の武道場である至誠館の師範と、同道場でかつて研修を受けたヨーロッパ人の愛好家が、見ごたえのある合気道と剣術を披露します。 ★1月31日(火)には、アンドレア・ジオライ氏(ヴェネツィア大学・カ・フォスカリ、ライデン大学)の講演会「POP GAGAKU」が開催されます。 お誘いあわせの上、ぜひあわせてご来場ください。 協賛: 国際交流基金、東芝国際交流財団、日本財団、東京倶楽部、株式会社みずほ銀行、株式会社三菱東京UFJ銀行、愛知産業株式会社、キッコーマン株式会社、トヨタ自動車株式会社、いであ株式会社、コトブキシーティング株式会社、株式会社豊田自動織機、日本・ベルギー協会、日本通運株式会社 後援: 在ベルギー日本国大使館、在イタリア日本国大使館、在イタリア日本商工会議所、在ポーランド日本国大使館、在ポーランド日本商工会、在ポーランド日本人会 協力: 日白協会兼商工会議所、ゲント市、ゲント大学、ローマ日本文化会館、チェンジ・パフォーミング・アーツ、CRT/テアトロ・デッラルテ、トリエンナーレ・ディ・ミラノ、王立ワジェンキ公園、マンガ日本美術技術博物館 ****** 翌日2月3日(金)には、ローマ大学「サピエンツァ」Dipartimento...
  • イベント
    映画上映会FOOD CINEMA」 2017年1月24日 – 3月21日
    全て日本語、イタリア語または英語字幕つきです。 上映開始時刻 17.00 または 19.00 「Japan Food Culture」の一連のイベントの一つとして、今期は日本食に関する6つの映画をご紹介。豆腐職人、酪農家、北海道の広大なぶどう畑、カラアゲのお店、そして世界最大の魚市場、築地市場。「食」をとりまく様々な舞台でたくましく生きる人々のドラマが繰り広げられます。 1月24日(火) 19.00 2月16日(木) 17.00 再上映 『カラアゲ★USA』(瀬木直貴、2014年) イタリア語字幕または英語字幕 1月26日(木)...
  • イベント
    講演会『三島と能』 2016年11月17日
    11月17日(木) 15.30 より 会場: Università Roma Tre (Roma, Via Ostiense 139 – AULA 1) 入場無料 11月18日にパラディウム劇場にて公演される、三島由紀夫「近代能楽集」『班女』を原作とするオペラ「HANJO」に先駆け、日本文学研究者のミラノ大学ヴィルジニア・シーカ教授が三島由紀夫と能の関係について掘り下げます。 お問合せ:...
  • イベント
    日本住宅建築展 Japanese House: Architecture and Life after 1945 2016年11月9日- 2017年2月26日
    会場:イタリア国立21世紀美術館(MAXXI) 国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、2016年11月から2017年2月にかけて、イタリア・ローマにて「日本住宅建築展(Japanese House: Architecture and Life after 1945)」を開催いたします。 この展覧会は、日本とイタリアが1866年に日伊修好通商条約を締結してからちょうど150周年を迎える周年記念事業の一環として、イタリア初の国立現代美術館として2000年に設立された国立21世紀美術館(MAXXI)との共催により実施するものです。 日本では、毎年無数の住宅が作られており、国際的に活躍する日本人建築家の多くも住宅の設計に携わっていますが、これまで日本の「住宅」に特化した大規模な展覧会が海外で開催されることはほとんどありませんでした。本展は、戦後から今日までの日本の建築家56組による住宅建築を、400点を超える資料を通して体験していただくという大胆な試みです。 本展で紹介する75件の住宅は、単純に時系列で列挙されるのではなく、「日本性に対する批評」「量産と規格化」「町家」「軽さ」「都市の隙間」「家族への批評」などといった、13の系譜(genealogy)に位置づけられます。これにより、一見すると繋がりの見えづらい住宅どうしの関係性や、これまであまり知られていなかった建築の価値を浮かび上がらせ、表層的なデザイン性や新規性にとらわれず、一つ一つの建築やその関連性を、幅広い視座から、深みをもって眺めようとしています。 模型や図面、スケッチ、写真、映像、原寸大モックアップ、図書資料などの多彩な資料が一堂に会する、大変見ごたえのある展覧会となりました。戦後70年間で大きく変遷を遂げた日本社会において、「住まう」という最も根源的な人間の活動に対する建築家たちの取組みを、存分に読み取っていただくことができれば幸いです。 この展覧会は、ローマでの会期の後、ロンドン(バービカン・センター)及び東京(東京国立近代美術館)においても巡回展示される予定です。 概要日程概要 会期:2016年11月9日(水曜日)~2017年2月26日(日曜日)...
  • カテゴリーなし
    天正遣欧使節 主席正使 伊東マンショ 顕彰記念祭 2016年11月4日(金)
    2016年11月4日(金) 14.00~ 入場無料、席数に限りあり 天正遣欧使節の主席正使であった伊東マンショの偉業を称えての記念祭が宮崎日伊協会主催、ローマ日本文化会館協力のもと開催されます。大航海時代に日本に「世界」をもたらした宮崎人、伊東マンショは日本に何をもたらし、世界にどのような影響を与えたのか。400年の時空を超え、マンショの偉業を振り返り顕彰する事業です。 鹿児島大学名誉教授・原口泉氏によるマンショに関する記念講演、太鼓と三味線によるミニコンサート、曹洞宗普門寺・吉井住職による禅に関するお話、宮崎TV制作のDVD「伊東マンショ」の上映(英語字幕)などが予定されています。 プログラム(予定) 14.00  会場:講堂 (約40分) 禅のお話  (曹洞宗普門寺・吉井住職) 日本語、イタリア語通訳つき 15.00-18.00(予定) 会場:講堂 ご挨拶 DVD「伊東マンショ」上映 (30分) 日本語、英語字幕付 鹿児島大学名誉教授・原口泉氏記念講演 太鼓と三味線のコンサート...